2019 3rd タイムアタックリザルト |

2019 3rd タイムアタックリザルト


去る4月5日、コースレイアウトを変更致しましたので、2019年3rdタイムアタックのリザルトを公開致します。遅くなり申し訳御座いません。

3rdは、バックストレッチの5連ウェーブの抜けの良さと、マシーンの姿勢が不安定になり易い、初導入バンクレーンチェンジのクリア性を両立しなければならない特殊なレイアウトでした。それでいて、一番の難所は最終バンク直前にある、中央にドラゴンバックを要するテーブルトップでした。ブレーキセッティングに悩まされた方も多かったでしょう。

この特異性の際立つレイアウトをオープンクラスで制したのは、2連覇!まみたすさんなのかたぬきさんなのか迷う謎のレーサー名まみたぬさん(要はまみたすさん 笑)ですっ!!

3rd開始早々に好タイムを叩き出したたぬきさんを、ブル屋さん、まみたすさんが猛追する形となりましたが、最後はまみたすさんが決めましたっ。

これにより、まみたすさんの2連覇となりましたが、エントリーネームが違うし、同一人物として2連覇認定しても良いのかしら(笑)?

そして、ジュニアクラスについては今回、エントリーが複数名無かったので、不成立となりました。残念っ。ここ1ヶ月程で、大分ジュニアレーサーの皆さんのご来店が増えてきた気がしていたのですが、ランキングボードに記入するのは、まだ、遠慮してしまっている様で……。今後、タイムアタックへの参加を、ジュニアの皆さんにどんどん促してゆきたいとお思います。

エンジョイクラスについては、しんたぬと名乗る新谷飛鳥さんが、なんと、スーパーFMシャーシで勝利!

2位のまみたすさん、3位の千堂さんも、それぞれ、スーパーTZ-Xシャーシ、FM-XXシャーシと、旧世代シャーシが大活躍する結果となりました!

各クラスで勝利した皆さん、おめでとう御座います!!

さて、現在稼働中の2019年4thのレイアウトは、前回のコースからシルエットはそのままに、バックストレッチの5連ウェーブセクションを廃して、長い高速フラット区間からの4枚着地ドラゴンバックとしました。また、40度バンク手前のテーブルトップも中央のドラゴンバックを取り去り、飛び越えに挑むことが出来る仕様ですっ。バックストレッチのドラゴンバックとバランスしながらのブレーキングに挑戦なさってください!

既に、稼働開始より一週間程経過している新レイアウトですが、まだまだ時間が有りますねっ。 引き続き、ミニ四レーサー皆様の挑戦をお待ちしております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:http://m-rise.jp/20190413221709/trackback/