2019 12th タイムアタックリザルト |

2019 12th タイムアタックリザルト


去る01月10日、コースレイアウトを変更致しましたので、2019年12thタイムアタックのリザルトを公開致します。

12thは、引き続き、常連レーサーまみたすさん原案による、エム・ライズ史上最短と思われるショートコース。8の字を約半分のところで畳んだような構成で、左コーナー、右コーナーがバランス良く出現し、ブレーキングポイントにも着地枚数が多めに設定され、速度を出し易いレイアウトでした。

初見では、片軸マシーンやMAなどでメリハリのある走りが得意なセッティングのマシーンが火を噴くかと思いきや、蓋を開けてみれば、MSフレキ強しっ。

そんな今回のレイアウトを制したのは、オープンクラスではからし?(わさび)さん、そして、ジュニアクラスはとうまくん、おめでとう御座いますっ!

オープンクラスに至っては、もう、13秒台に入った皆さんの接戦は、「どうかしてるぜ」というハイレベルな戦いでした。割と早い段階でトップタイムを叩き出したわさびさんが、年末に、コンマ以下を削って、削っての他の追撃を退け逃げ切った形です!

また、2019年度最後だからということで、気まぐれで始めたノーマルモータークラス。ほぼこの為だけに遠方からご来店くださり、華麗に1,2フィニッシュを決めていかれた、チームピラタスのめしおさん、サンドマンさん、有り難う御座いました!そしておめでとう御座いますっ。

さて、新年初のレイアウトは、久し振りに店長原案のレイアウトです。スタートと直後に配置されたバンクも久し振りと言うか、珍しいですが、その後に現れるドラゴンバック2枚着地の40度バンク突入は、意図せず高速バンク着地というマシーンにもサーキットにもタフなセクションになっております。敷設直後は試走の様子を受け、ドラゴンバックを手前へ下げてバンク着地でなくする案を述べましたが、バンク後のもう一つのドラゴンバック2枚着地の難易度が上がりそうということから変更が難しく、この形に落ち着きました。

繊細な機構を持つマシーンや軽量マシーンには、かなり負担を強いるレイアウトとなっておりますが、絶妙な着地位置を探し出し、好タイムを狙ってください!ミニ四レーサー皆様の挑戦をお待ちしております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:http://m-rise.jp/20200119224224/trackback/